まなびサイエンス

マイクロ SD カード管理の小技

カバーイメージ

 Raspberry Pi Advent Calendar 2017 の 5 日目です。

 気が付くと手元の Raspberry Pi 本体がドンドン増殖してしまうのは仕方ないとして、それに伴ってディストリビューション毎、用途毎、プロジェクト毎…といった具合に、マイクロ SD カードの枚数もモリモリ増えてしまいませんか? ラベルにイメージ名や用途、バージョン番号、IP アドレスあたりを書いてしまうと、さすが「マイクロ」だけあって、もう目一杯。しばしば「あれ? 容量いくつだっけ?」「同じラベルだけどどっちがどっちだっけ?」なんてことがあり、その都度カードを差し替えてブート、df して確認が必要でした。
 そこで、ラベルを色分けすることで容量を判るようにしておくと、大量のマイクロ SD カードを管理する上でプチ便利ですよというお話(あ、終わってしまった!)。

 自分好みのオリジナルな色分けでも構わないのですが、今度はその対応を覚えるのが面倒だったりするので、抵抗器のカラーコードに合わせておくと捗ります。できれば一色で判別できると嬉しいので、自分の場合、次のような色分けで運用しています。


Fig.1

2GB
4GB
8GB灰(白) 白で読み替えれば、無色ラベルを流用 OK
16GB
32GB
64GB

  • ラベルが同一で、No.1、No.2、No.3、…といったカードは、ラベルの四隅の切欠きで識別できるようにしています。24 と見なして No.16 まで識別することもできます。あるいは、何かのフラグのオン/オフとして使うこともできそうです。
  • 1 GB のマイクロ SD カード? 知らない子ですね。
  • 今のところ高価ゆえに数枚しか持っていない 128 GB は、赤白(=灰)二色の縞模様。
  • 色が濃すぎると肝心のラベルが読めないので、薄色の蛍光ペンで塗ると良いです。イラスト用のコピック マーカーが色数も豊富でオススメです。

 また、運用から外れて使わなくなったカードは、ラベルを付けたまま、購入時に付いていたプラスチック ケースに収めて、新品のカードと一緒にまとめておきます。こうすれば、次に使う際、「空き n GB の中古カード」であることが一目瞭然です。

カテゴリー

過去ログ